about Carnatic Music

<北と南どう違う?>

インドの古典音楽は主に二つに分類され、シタールやタブラが使われるのが北インドの古典音楽「ヒンドゥスターニー音楽」で、南インドの古典音楽は「カルナータカ音楽」とよばれています。

カルナータカ音楽と言われても、残念ながら「ああ、あれね」とわかる人の方が圧倒的に少ない音楽です。インドの古典音楽ですが、ビートルズでご存知の北インドのシタールやタブラは使われません。

 

 

<カルナータカ音楽の今昔>
カルナータカ音楽は主に南インドのタミル・ナードゥ、ケーララ、アーンドラ・プラデーシュ、カルナータカの4州で、歌い継がれ愛されている音楽で古典音楽だけあって理論的にもしっかりしています。

かつてはバラモンが個人として神への帰依を示すために作曲し歌っていたものが、ヒンドゥー教の寺院や宮廷の庇護を受けて発展しました。主に師匠のもとに弟子が生活をともにしながら、楽譜ではなく口伝により音楽を学ぶ「グルクラ」というシステムによりそのような音楽は伝えられてきました。

21世紀の現在でも数千曲にも及ぶ曲が歌い継がれ、さらには現代の音楽家も日々曲を作っていて、そのうち良い曲は弟子や他の音楽家にも歌われて広まっています。現在では、グルクラによる音楽教育はごくわずかとなり、大学や音楽学校で外国人を含むより多くの人々が習うことが出来るようになりました。

 

 

<コンサート>

現在のカルナータカ音楽のコンサートはホールや結婚式場、学校の講堂やヒンドゥー寺院などあらゆる場所を会場として行われています。形式として多いのは声楽(ボーカル)で、器楽もヴィーナー・竹笛・バイオリン・さらにはサックスやマンドリンにギターまでもが使われていますが、器楽のための曲は存在せず、器楽奏者も楽器を通して歌うという概念で演奏しています。
 
コンサートの編成は、主奏者(ボーカルや器楽奏者)とその主奏者に対しメロディー伴奏をするバイオリン。リズム伴奏には両面太鼓のムリダンガム、トカゲ皮のタンバリンであるカンジーラ、粘土を焼いて作った壷を叩くガタム、鉄製の口琴モールシンといったパーカッションが入ります。
 
コンサートで観客は曲にあわせて手を打ち拍子を取ったり、自分の知っている曲だと一緒に口ずさんだり。音楽家がかっこいいフレーズで歌ったりすると「サバーシュ!」と声を上げ、手を前方に上げたりします。

とても古典音楽の客席とは思えないぐらい賑やかで楽しいのです(インドらしいですね)。 特にタニ・アヴァールタナムというパーカッション・ソロの部分では、客席も一緒になって拍子にあわせて手を叩き、リズムの妙を楽しみます。

 

<ミュージック シーズン>
今やチェンナイ名物とも言っても過言ではないのが、12月から1月の「マールガリ月」に開催されるチェンナイ・ミュージック・シーズン。

朝から晩までチェンナイのいろいろな会場で一斉にコンサートが開催され、「どのコンサートに行くべきか?」と我々をクレイジーにさせる時期です(笑)。この時期には外国人旅行者や世界各国に散らばる南インドの人々もチェンナイを訪れカルナータカ音楽に酔いしれます。是非あなたもその時期にチェンナイを訪れてカルナータカ音楽三昧な日々を送ってみませんか!
 
とはいえ、なかなか現地まで足を運ぶことの出来ない人もやはり多いかと思います。そんな人は是非この「カルナーティック宣言!!!」で気になるものを探していただき、「む、おもしろいかも!」と思ったならば是非一度南インドを訪れてみてください。 生でこの音楽を体験したら、きっとあなたもカルナータカ音楽の虜になるはず。
 

 豊潤なるカルナータカ音楽の世界へようこそ!!!

 

 

★カルナータカ音楽の基礎については、南インドの音楽学校で3年間声楽を習われた小尾淳子さんのHPにも詳しくありますので、ご覧ください。

 
★ティヤーガラージャを始めとするインドの楽聖について知りたい方は「楽聖たちの肖像」(V.ラーガヴァン編著、井上貴子・田中多佳子訳、穂高書店)を読んでみてください。南北インドの楽聖の生涯や功績のみならず、南北インド古典音楽についても述べられていて非常に参考になります。
 
★さらには僕がバックパッカー向け旅行雑誌「旅行人」06年冬号に寄稿させて頂いた「豊潤なるカルナータカ音楽の伝統」もぜひご覧ください。

 

javascript:;